事業内容<POPアドバイザー事業>

 「売場知識」と「専門知識」
2つを兼ね備えたPOPアドバイザーが
販促企画をしっかりサポート

流通側の意向が強く反映される昨今の店頭販促においては、販売者目線の売場知識と 商品カテゴリー特有の専門知識が不可欠です。
~ 知識を企画に活かし、売場で活用される販促物制作する ~
言葉にすると当たり前のようですが、実は簡単なことではありません。
“実践することの難しさ”を日々感じているメーカー様の課題を、 ティラノのPOPアドバイザーが解決します。


店頭販促に「専門知識」を

インプットからアウトプット、全てに違いが

オリエンから納品まで、販促企画を行う全ての過程において、知識を活用できるかどうかは 大きな違いを生み出します。
ティラノのPOPアドバイザーは、それぞれの過程にてアドバイジングを行います。
専門知識と売場知識に裏打ちされた、説得力のある店頭販促を実行することが重要です。



売場目線で見る課題

必要とされる知識は様々

店頭で商品をきちんと売るために必要なのは、メーカー・流通・売場がパートナーとして連携すること。
そのために売場目線で店頭販促を考えると見えてくる、これまで知られていなかった課題があります。



求められる知識は様々。POPアドバイザーは、売場が求める様々な知識を持ってアドバイジングや講義を行っています。


POPアドバイザーによるアドバイジング

店頭販促は、こう変わる

当たり前の内容を販促物に落とし込んでもお客様は見向きもしません。
専門性を持ったPOPアドバイザーのアドバイジングにより、販促企画は売場目線と専門知識を備え、広がりと深みが生まれます。
商品を売場スタッフに気持ちよく売ってもらうためには、どんな情報を発信すべきか?消費者に納得感を持って購入してもらうには、なにをするべきなのか? POPアドバイザーが課題解決のサポートを行います。



コスメPOPアドバイザーとは

コスメPOPアドバイザーは、化粧品商材に特化したPOPアドバイザー。
皮ふ理論に基づいたスキンケア知識、メイク技術など、 コスメ関連の専門知識はもちろん、独自に収集したリアルタイムな売場情報を持つ店頭販促の専門家です。 メーカー様に向けたものだけではなく、大手ドラッグストアチェーンを始めとする流通企業や売場スタッフに対し、 化粧品の店頭販促について多様なアドバイジングを行っています。


コスメPOPアドバイザー紹介

佐藤 友百子

株式会社ティラノ
コスメPOPアドバイザー

コーセー化粧品を経て株式会社ティラノに入社。
株式会社コーセーにて、ドラッグストアで化粧品カウンセリング販売に従事。
店頭装飾コンクールでの最優秀賞受賞など、店頭販促に関する実践経験を積む。

株式会社ティラノに入社後は、化粧品を中心とした販促物の企画に携わる。
現在は「ドラッグストアてんとうむし」の編集長を務める傍ら、
ドラッグストアを中心とした 流通企業・化粧品メーカーに対して
定期的なセミナー、年間販促計画のアドバイジングなどを行っている。